歯科医のための経営話

歯科医の腕が良く技術があっても、それだけでは多くの患者さんは来ませんし

定着率に稼働率などの向上もあまり望めないでしょう。

そこで歯医者を経営する上で何を変えていくべきか、どうすれば良くなるか

これから歯医者を経営したいと考えている方に向けて紹介したいと思います。

 

現在全国に何万件とある歯科医院の中で、

新規開業する方も今まさに経営している方も競争は激しい状態です。

そんな中でどこをどう見直していけばいいのでしょうか。

 

まず最初になぜ患者は歯医者に来るのかを考えると、

歯が痛くなったから来たって方がほとんどではないですか?

日本人はただでさえ歯医者に定期的に通っている数を他国と比較されて

最下位近くにいるといってもいいぐらい歯医者に行きたがる人が少ないのです。

ですが歯医者というのは歯が痛くない患者さん達にも定期的に

来院してもらってこそ初めて儲かるというビジネスなのです。

 

なので待っているだけでは患者は増えません。

そこで予防のためにメンテナンスしにくる患者を集めることが必要になってきます。

 

だけどうちは自費診療の患者割合を高くしたいのですという方もいるのではないでしょうか。

でもそれで稼ぐとしても一度に100万を支払ってくれる患者は少ないでしょう。

そのうえ自費診療の患者に来院してもらうために広告費をかなりかけてはいないですか?

広告を数出しているとしても、患者が来るかどうかは運なところが大きいですよね。

まずは広告よりも歯科経営について学ぶ事が大事。経営について学ぶならここが詳しいです。

と考えると保険診療をメインに考え、ユニットの稼動させる時間を増やすことにより

安定した稼ぎにもなり経営も苦しくならないのです。

 

それにあたって必要不可欠になってくるのが歯医者で働く全ての人達と協力しあい、

全員で経営を変えていく、稼ぐと言ったことが大事なのです。

<PR>リサイクルトナー