歯科医院の顧客獲得

続々と増え続ける歯科医院に対し倒産や廃院になるところも多いということで、

必要以上に設備投資したりして来院数を増やそうとしてる方はいませんか?

開業する際にそのような過剰な投資をしてしまうと倒産する可能性があるのです。

 

なぜ最初にするとそうなってしまうのかというと・・・

新規の患者の場合新しくできた歯科医院に通うまでには、

歯科医院の様子を見に前まで行ってみたり、ホームページを検索してみて見たり、

行こうかどうしようか検討する時間はかなり長いという場合が多いのです。

 

なので新設してから広告や口コミ、顧客獲得までの道のりや時間を考えると割りに合わなく

収入が追いつかず赤字になって倒産までいってしまうなんてこともありうるのです。

 

では設備投資をしてはいけないのか?と言われますとそういうことでもなく

新規の患者に対して効果がないとは言いませんし、

反対に投資することによってアピールになって新しい患者が増え、

またその患者により口コミが広がりより増えるということもありえます。

 

それに歯科医院の見た目、内装を変えることによりリニューアルオープンしましたと

インターネットやチラシ様々なところで広告することも可能です。

 

要するに設備投資するにしても、歯科医院に通う患者達にアピールしやすい

解ってもらえる部分に力をいれるべきなのです。

ではどういう所を変えればいいのかを簡単に書いていきます。

 

①待ち時間を工夫して少なくしたり

 

②診察券からカードに変えてみる

 

③玄関だとスリッパをやめ土足にしてみるなど

 

④来院してもらった際に使うトイレをいつも清潔にしておく

 

⑤階段のあるような歯科医院なら手すりを付けることも大事でしょう

 

その他にもできることを上げるとまだまだありますが

これをするだけでもかなり違ってくるのではないでしょうか。

しかも難しいことではなく明日から簡単にできることばかりです。